彼女・妻だからこそ包茎というコンプレックスの配慮と向き合い方

包茎くんロゴ

彼女・妻だからこそ包茎というコンプレックスの配慮と向き合い方

包茎男子の特徴の一つなんですが、消極的・奥手な包茎くんが多い。
そのコンプレックスを解消・軽減できるのは彼女・妻の存在です。

 

同性愛者は除きますが基本的には男性器を触らせたり・じっくりと見せたりする存在は異性のパートナーだけですからね。
「あなたが好きだからこそ包茎なんて気にしない」と安心させてることが大事です。

 

触らせようともせず・見せようともせず性行為が終わってしまう関係なんて本当のSEXではございません。
本当のSEXはお互いが心を開き安心して抱き合う行為だと思います。

 

包茎男子は勇気がないだけで触れられたい・気持ち良くなりたいという願望が必ずあるはずです。
そんな包茎男子は特に風俗にハマってしまう可能性があるので早急にコンプレックス解消・軽減に努めましょう。

 

その理由はこちらの記事風俗嬢だからこそ包茎君を大事に!指名・リピーター率増加をお読みいただければ理解できると思います。

 

ペニスに触れさせない彼への配慮と改善(アプローチ・接し方)

 

付き合っている彼氏が恋人にペニスを舐められるのを嫌がったり・触らせようとしないケースがあります。
中には包茎ではなく本当に触られるのは嫌だという方もいらっしゃるかもしれませんが、包茎の告白に踏みきれないケースの方が多いと思われます。

 

そんな場合には女性の方からそれとなくコンプレックスの肯定的な話をして相手のコンプレックスを和らげるのも手かもしれませんね。

 

強引かもしれませんがさりげなく触れてみてその反応として「包茎の可愛くて好き」とか「剥けチンは気持ち悪いから嫌」などと言ってあげるなど…工夫して安心させてあげてほしいです。
それこそ無反応なのも良い手かもしれません。包茎って何それみたいな反応でも良いでしょう。例えそれが嘘でもいいので男性のコンプレックスを解消してあげることが一番。

 

個人的に一番有効だと思うのが知らないフリをして「包茎ってなに?」と彼に聞くことです。
聞きだした後「そんなの全然気にならないけどね」と言ってあげればかなり安心するはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先頭へ戻る