カントン包茎について

包茎くんロゴ

カントン包茎について

カントン包茎とは狭い包皮によって亀頭が締め付けられるタイプの包茎です。
その締め付けられた状態のことをカントンと言う。
ちなみに通常時は皮が被っている。

 

以下、一例になりますが、カントン包茎のイラストをご覧ください。
カントン包茎「通常状態と勃起状態」のイラストト
左:通常時 右:勃起時

 

イラストは一例です。
完全に亀頭を露出できるタイプもいれば、少しだけ亀頭を露出することができるタイプの方まで様々です。
どのタイプにせよ締め付けられた痛み・違和感があればカントン包茎に属するタイプだと思われます。

 

注意すべき点

 

このタイプの包茎は危険が伴う場合がある。
無理やり剥いてしまうと、亀頭が締め付けられて圧迫されてしまうからです。

 

特に女性は注意してください。
無理やり剥いてしまわぬように、力加減を考えましょう。
真性包茎なのかカントン包茎なのか、分からない場合は、剥かないように皮コキ・皮舐めをしましょう。

 

もしも勃起時に無理やり剥いてしまって、元に戻らなくなってしまった場合には、ペニスを通常状態まで小さくしてから皮を戻す(被せる)ようにしてみてください。
軟膏やローションを使って皮を滑りよくするのも手です。
どうしても皮を被せることができない場合は、至急病院にいきましょう。

 

カントン包茎の矯正グッズ

 

手術よりも先に、以前ご紹介した自力で包茎を治すグッズ「キトー君」から試してみることをおすすめします。
キトー君は真性包茎向けに作られたものですが、カントン包茎でも真性包茎でも矯正する原理(皮を伸ばして包皮を広くする)は一緒です。

 

手術よりも安価で誰にもバレず・見せることなく矯正を試みることができます。
もしも効果がなかったら手術代を負担してくれるそうですし、やってみる価値はあると思いますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先頭へ戻る